LOCATION

【うららかな 日常のゆとり】

新しく・使いやすく進化を続ける
JR中央線「武蔵小金井」・
「東小金井」駅周辺。

「武蔵小金井」・「東小金井」駅は、JR 中央線沿線の高架下を開発するプロジェクト「中央ラインモール構想」により
再開発が進められたエリア。
「武蔵小金井」駅周辺は、東西に駅を挟んでオープンした「nonowa 武蔵小金井(EAST・WEST)」があり、
駅の南側には南口駅前広場再開発に伴い「nonowa 武蔵小金井SOUTH(旧セレオ武蔵小金井)」と
「アクウェルモール」が誕生しました。
また、「東小金井」駅にも駅高架下を活用した「nonowa東小金井」が誕生したほか、
北口再開発が平成32年度の事業完了に向け現在進行中。
新たな姿に生まれ変わろうとしています。

※連続立体交差化(三鷹~立川間の線路を高架化する事業)に伴い中央線の高架下空間(全長約9km、約70,000 ㎡)を、整備・開発する「中央ラインモール」構想:現在「nonowa 国立」、「nonowa 武蔵小金井」、「nonowa 東小金井」、「nonowa 武蔵境」、「nonowa 西国分寺」が開業している。
※nonowa武蔵小金井EAST(徒歩12分・約948m)・WEST(徒歩14分・約1,054m)・SOUTHT[旧セレオ武蔵小金井](徒歩14分・約1,096m)、アクウェルモール(徒歩14分・約1,114m)、nonowa東小金井(徒歩10分・約743m)

東小金井駅周辺

2014 年1 月、JR 中央線「東小金井」駅隣接の高架下に誕生した商業施設「nonowa 東小金井」。パリの学生街をモチーフとし、洗練されたファッション・雑貨店、フードコートやカフェなど、フランスの街角にある路面店のようにショップが軒を連ね、魅力的な演出をしています。さらに、駅北口では「東小金井駅北口土地区画整理事業」の再開発で平成28年には駅前交通広場(ロータリー整備)も完成。平成32 年度の事業完了に向け現在も進行中。
※1 出典:「武蔵小金井駅南口第2地区第一種市街地再開発事業」(西暦2017年9月現在)
※2 出典:「東小金井駅北口土地区画整理事業の概要」(西暦2017年9月現在)
※3 出典:小金井市ホームページより(西暦2017年9月現在)
※掲載の再開発事業概念図は周辺エリアを簡略化したもので、実際とは異なります。一部道路・施設等を抜粋して表記しています。
  • 商業施設
  • 公園・レジャー施設
  • 教育施設
  • 医療/金融施設