GREEN

【うららかな 武蔵野謳歌】

深呼吸したくなる武蔵野

周辺エリアは武蔵野の面影を今も残す、潤いに満ちた地。
雄大な面積を誇る小金井公園は、季節ごとに装いを変える美しい自然だけでなく
さまざまな施設や広場などが整い、訪れる方を魅了する都立公園です。
その他にも、近隣エリアには散策やサイクリングなど憩いの公園や
個性豊かなお店やグルメ、ショッピングを楽しめる「吉祥寺」エリアへも
ふだん使いの距離感にあります。

緑と文化施設の共存する、
小金井公園が自転車で約7分。

  • 小金井公園は、玉川上水沿いに位置した、広大な公園です。春には花見の名所として知られ、その他にも広々とした草地や雑木林、子どもの広場などに加えてSL展示、16面のテニスコートや野球場、バーベキュー広場、サイクリング広場などの施設も園内に展開。江戸東京たてもの園などの知的スポットもあり、一日中家族でお楽しみいただけます。

心も体もリフレッシュできる
緑潤う公園も点在。

都内の各公園や街路に植える苗木を育てる苗圃も備えた武蔵野公園は、
野川に沿って残る草原や雑木林を配された野趣に富む公園。
野川公園は調布、小金井、三鷹の三市にまたがる緑と開放感に溢れた公園です。
  • 武蔵野公園(約1,449m)
  • 野川公園(約2,273m)

少し足をのばせば「吉祥寺タウン」や「井の頭公園」も身近に。

JR中央線「武蔵小金井」駅より
JR「吉祥寺」駅へ直通9分
大正6年に日本最初の郊外公園として開園した、井の頭恩賜公園。
公園の中央に位置する井の頭池は、初めて江戸に引かれた水道「神田上水」の水源。
春には「サクラの名所」としてやバードウォッチング、周辺のカフェなどを楽しむ人が多く訪れています。
井の頭恩賜公園(約5,830m)
※掲載の環境写真は西暦2017年9月に撮影したものです。(imageを除く)
※掲載の小金井公園イラストマップは略図のため省略されている道路・施設等があります。
※建設地からの距離は地図上の概測です。徒歩分数は80m、自転車は250mを1分として算出、端数は切り上げてあります。信号待ちの時間は含まれません。
※電車での所要時間は、ジョルダン(株)「乗換案内」を平日11時~20時台を表示しており、時間帯により多少異なる場合があります。(西暦2017年10月現在)